abcクリニックワキガ・多汗症の治療内容






ワキガ・多汗症の治療内容

abcクリニックといえば包茎治療など下半身治療で評判の高いクリニックです。 しかし下半身以外の分野、例えばワキガ・多汗症治療にも対応しています。
ワキガ・多汗症といえば、いずれも日本では男女共に悩んでる人が多い症状ですが、abcクリニックに行けばこうした症状についても、適切な治療方法で治してくれます。
ここではその治療方法といくつかのポイントについてご紹介します。

abcクリニックのワキガ・多汗症治療

abcクリニックで行われるワキガ・多汗症治療は2種類あります。

ボトックス

一つはボトックス注射と呼ばれるもので、これはボトックスという成分を注入することによりワキガの原因を取り除く方法です。 注射なので入院する必要はなく、治療後もすぐにいつも通りの生活に復帰することができます。 ただしボトックス注射の効果が得られるのは、半年から1年程度といわれています。

組織削除法

もう一つの方法は組織削除法と呼ばれる治療法ですが、こちらは手術によって臭いや多汗の根本原因を取り除く方法です。 組織削除法は手術なので、日帰りというわけにはいかず入院が必要で、術後も1週間程度の固定が必要になります。 ボトックス注射に比べて治療期間は長くなりますが、その代わり根本原因を取り除くことができるメリットがあります。

基本的に自由診療

abcクリニックにおけるワキガ・多汗症治療は自由診療であり、治療費は全額自己負担で健康保険は適用できません。
したがって後で後悔しないようにすることが大切ですが、そのためには最初にカウンセリングを受けておくことです。
このカウンセリングは無料で行われているもので、担当医からいろんな話を聞いたり相談に乗ってもらったりしながら、いろんな疑問点や不安を解消させることができます。 そもそも自分にワキガ治療が必要なのか、治療するとしたら費用はどのぐらいかかるのか、どんな方法で治すのか、安全性は確保されているのかなど、知っておきたい疑問をカウンセリングではっきりさせることができます。