abcクリニックの性感染症






abcクリニックの性感染症の症状と治療について

abcクリニックは包茎治療で有名だけど、性感染症にも対応してるの? こう思ってる方はどうぞご安心ください。abcクリニックはSTD(性病)治療にも対応しています。 ここではabcクリニックで行われるSTD治療について、その方法や注意点を解説しています。

abcクリニックで治せる性病とは

abcクリニックで対応している性病は性感染症一般、すなわち、「性器ヘルペス」「尖形コンジローマ」「淋菌感染症」「性器クラミジア感染症」などです。
したがって、症状から見ると次のような人がおすすめです。 ペニスがいつも痒くて我慢できないほどの人、排尿の中に膿が混じっていたり障害の自覚症状がある人、亀頭にぶつぶつができる人などです。 こうした症状が見られたら性感染症である可能性が高いので、abcクリニックを受診して治療を行うことをおすすめします。 なお性病のなかには自覚症状がないものもあり、それをそのまま放置して感染を拡大させてしまうケースもあります。 したがって早めの予防策として、症状がなくても検査を受けておくのはいいことです。

主に飲み薬・塗り薬が多い>

STDの治療といえば何か大掛かりな治療が必要なのかと思うかもしれませんが、abcクリニック行われるのは、塗り薬または飲み薬の処方です。
これが基本的で一般的な治療法ですが、病気によっては手術が必要になることもあります。 例えば「尖形コンジローマ」を治すためにはペニスの一部にメスを入れる必要があるため、この場合は外科的手術を行います。 ただしそれ以外では塗り薬か飲み薬の処方ですみますので、入院することもなく、診察は早く終わります。 ただし注意点として、まだ症状が出ていないの検査だけ受けるときは保険が適用できないということです。 すでに性病の自覚症状が出ていれば保険が使えますが、出ていないと自由診療になりますので注意してください。 このようにabcクリニックではさまざまな治療を行っています。