子供・未成年の包茎治療






子供・未成年は包茎治療は出来るのか?

子供が包茎なので、abcクリニックで治療を頼めないだろうか? こう考えてる親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、結論からいえば、abcクリニックで子供の包茎治療を頼むことはできます。 ただし、子供の包茎治療は大人の場合とは少し違っていて、事前によく考えておかなければならない点があります。

子供の包茎は病気ではない

大人の包茎の場合は、いろんな面で支障がでることがあるので、その支障を取り除くために治療が必要になることもあります。
しかし子供の包茎についてはこれとは違って、子供がまだ成長段階にあることから、あくまでも生理的な状態にあるにすぎず、決して病気でもなければ何かの支障になるわけでもないのです。 ゆえにこれを考えると、子供の体にメスを入れて包茎を治すというのは、簡単に決定すべきではないでしょう。 子供の包茎治療については、包茎によって特別な病状や支障が出ているのでなければ、むしろ行わないほうがいいでしょう。

子供でも治療が必要な場合もあります

ただし、以下のような場合には子供でも治療が必要になることもあります。 それは、包茎であることによって尿路感染の原因を作っていたり、排尿障害を招いている場合です。 こうした場合には、子供であっても保存治療や手術療法などで包茎を治していきます。 保存治療については、皮膚が裂けないように注意しながら、両親や本人の指で包皮をめくり、なおかつステロイド軟膏を塗ります。 手術療法は、真性包茎のみに行われますが、環状切開術、背面切開術によって手術が行われます。
このような治療をabcクリニックで行う際は、一つの点に注意する必要があります。 それは、いかなる治療であってもabcクリニックの場合は、費用が全て全額自己負担になるということです。
大手専門クリニックではありますが健康保険は適用されないので、その点は十分に考慮してから治療を受けるかどうかを決定なさってください。 ただし、包茎治療に関しては経験や症例数が豊富なので、技術面、安全性では信頼することができます。